体験村たのはた 番屋エコツーリズム

トピックス
サッパ船アドベンチャーズ
北山崎ネイチャートレッキングガイド
貝殻アート“7”
体験記
スタッフの声
Q&A
プログラムの注意事項
服装等について
リンク集
プログラム参加に便利なお宿紹介

田野畑村広域マップはこちら
▲お問い合せはこちら

服装等について

Summer Season

田野畑の夏は冷涼な気候の日が多いのが特徴

  天候の悪い時や朝晩はかなり冷え込みますので、薄手のフリースやサマーセーター、ウィンドブレーカーなどを一枚ご用意されることをお薦めします。メニューによっては、濡れることもございますので、着替え等を予め各自ご用意ください。

★服装(例)
○靴:トレッキングシューズやスニーカー(くるぶしまで覆うタイプであれば尚可)
○靴下:厚手の靴下※綿以外の素材
○上半身:綿以外のTシャツ(綿素材以外の方が早く汗などが乾きます)
 ・シャツ
 ・ウィンドブレーカー等をリュックの中に
○下半身:綿以外のパンツ
○サングラス&日焼け止め対策:森の中はそれほど眩しくは無いでしょうが、各自好みに応じてご持参下さい。


Winter Season

冬のツアーを快適に楽しんでいただくために

 冬は太平洋型の気候で、寒い中にも比較的日照に恵まれています。次に挙げるような服装と準備で意外なほど快適に過ごすことができます。メニューによっては、濡れることもございますので、着替え等を予め各自ご用意ください。

−冬の服装の基本はレイヤード(重ね着)
 汗をかかないよう温度調節のしやすい服装を工夫してみてください。(例えばタートルネックなどは温度調節がしにくいです)また、綿素材は吸収した汗が乾きにくく、体温を奪う原因になります。体に直接触れる下着などは、綿以外の素材のものの方が快適でしょう。

★服装(例)
○靴:トレッキングシューズやスニーカー(いずれもくるぶしまで覆うタイプのもの)
○靴下:厚手の靴下※綿以外の素材
○上半身:綿以外の保温下着
 ・ネルシャツのような厚手のシャツ(綿以外のほうが尚可)
 ・厚手のセーター(毛・フリース素材のもの)
 ・ウィンドブレーカー
○下半身:綿以外のズボンした
 ・保温素材(フリースなど)のパンツ
 ・ウィンドブレーカー※ウィンドブレーカーは夏用のカッパでOK(Gore-Tex素材尚可)
○帽子(耳までかくれるもの)
○手袋:お好みにてご用意ください。
○サングラス&日焼け止め対策:森の中はそれほど眩しくは無いでしょうが、各自好みに応じてご持参下さい。

ページの上へ

Copyright(C) Tanohata Village All right reserved.